Tokyo One日本語学校千葉本校  理事長 ご挨拶

S__14221314

私はここ20年来、千葉市において様々な国際交流や地域の活動に参加してまいりました。こうした縁があり、私が愛して止まない千葉市に「Tokyo One日本語学校」を設立しました。本校(海外に3校)では、日本語習得のみならず日本の“おもてなし”や“文化”を肌で体験し実践力のある人材を育てるための十分なスタッフや設備などが整っています。

世界各国の若者が本校に集い、様々な国の人々に慕われ真のグローバルな人材になれるよう、その育成を目指して精一杯努めてまいります。そうした意味で、私、理事長の小澤京子は複数の語学を習得しているため、随分と人生が豊かになりました。

スタッフ一同も、学生への協力を惜しまず全力でサポートをしていきたいと考えます。 「百聞は一見に如かず」と申します。皆さまも大きな希望と夢をもって日本にいらしてください。

2017年 4月吉日

理事長 小澤京子

 

 

Tokyo One日本語学校千葉本校  校長 ご挨拶

terashima 外国語を学ぶことは、そのことばを話せるようになることだけではなく、そのことばの背景にある文化を学ぶことであり、また、そのことばを使って生きていく力を得ることでもあります。私は35年間、大学の工学系の分野で教員をしてきました。私の研究室にはたくさんの留学生がいましたが、その中には、ほとんど日本語が話せないものもいました。そんな学生と毎朝30分程度ですが、一緒に日本語の勉強をしました。だんだん日本語ができるようになってくると、日本文化についても知るようになり、その時点で初めて日本でやって行こうという意欲が大きくなります。それと同時に、研究室の仲間とも活発に話すようになって、その結果、研究もスムーズに進んで行くといった光景を目の当たりにし、そのことが正しいことを確信しました。
 さて、私の外国語を学んでの体験をお話ししましょう。大学の第二外国語としてドイツ語を学びました。皆さんの母国語にはどんな響きがあるでしょうか。ドイツ語には日本語にない爆発するような金属的な響きがあり、とても美しく感じられた。また、動詞の変化がおもしろく、一生懸命勉強しました。その後、修士研究を進める中でドイツの大学の先生の論文に出会い、この先生の下で研究したいと強く思い、国費留学生を目指しました。午前中はドイツ語学校、午後は夜遅くまで実験といったハードな毎日を送りました。その甲斐あって、夢が実現し、ドイツの大学で学位を取得することもできました。でも、何よりも素晴らしいことは師や友人と出会えたことです。
 次に学んだ外国語はイタリア語です。フィレンツェ大学に在外研究員として家族でイタリアに住むことになったからでした。出発を間近に控え、2週間休暇を取ってイタリア語学校で午前午後ぶっ通しの促成コースで鍛えてもらいました。現在しか学べず、過去も未来の表現も知らないままイタリア生活は始まりました。駅で切符を買うのにも、「ローマ、大人2枚、子供3枚」だけでは済まず、子供の割引も複雑でいろいろ訊かれ、イタリア語を少しでも習ったことが活きました。「こんにちは」「さようなら」といった挨拶のたびに、イタリア映画のセリフを自分が話しているようでうれしかったです。
 Tokyo One日本語学校には、日本語はもちろん、その背景にある文化についても教え、さらにその文化をもつ社会の中で力強く生きていく力を身に着けられるよう、あたたかい心できびしく鍛えてくれるスタッフが揃っています。私がドイツ語やイタリア語を学ぶことで得たかけがえのない体験を、皆さんは日本語を学ぶことで体験していただくことを心から願っています。スタッフ一同皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

2017年12月吉日

校長 小林 裕幸

講師スタッフ紹介

南井

教務主任 南井 誠史
担当クラス 初級中級上級

わたしはこれまで日本はもとより、中国、アメリカ、韓国の日本語学校や企業で20年以上にわたり、日本語教育に携わってまいりました。常に「学生の知的好奇心を刺激すること」を意識して授業を行っています。教師は学生に「教える」だけではなく、「考えさせる」ことが大切であると考えています。教務主任として、学生のみなさんを全力でサポートしていきます。困ったときはなんでも相談してください。

山根

生活指導担当 山根 義貴
担当クラス 初級中級上級

ブラジルで日系人と触れ合ったのが私の日本語教育のきっかけでした。帰国後地元関西の大学、大学院で日本語教育学を学び、ご縁があり本校で勤務しております。日本語教育に携わり10年以上経とうとしておりますが、日々力不足を痛感しております。
教授法にこれが正解というものはないのですが、関西人の強みを生かし、面白おかしく、わかりやすい授業をするように努めております。みんなで楽しく勉強しましょう!

専任 佐藤 恭子
担当クラス 初級中級上級

みなさん、こんにちは!
外国語を勉強するというのは、自分の知らない世界を知ることができるとてもすばらしいチャンスだと思います。初めて訪れる日本で、いろいろなことを体験してください。日本語に興味を持ってくれた皆さんと一緒に勉強することができたら、とてもうれしいです。皆さんに会えるのをとても楽しみにしています。

担任 王子 翼
担当クラス 初級中級上級

カナダに留学していた時、多くの外国人の友達を作ることができました。その時「世界に日本・日本人をもっと知ってもらいたい!」と思ったのが日本語教師になったキッカケです。日本語だけでなく、日本の文化や日本人の良さを伝え、日本に貢献できる人材を育成していきたいと思います!