Tokyo One日本語学校千葉本校  理事長 ご挨拶

S__14221314

私はここ20年来、千葉市において様々な国際交流や地域の活動に参加してまいりました。こうした縁があり、私が愛して止まない千葉市に「Tokyo One日本語学校」を設立しました。本校には、日本語の習得のみならず日本の“おもてなし”や“文化”を肌で体験させ、実践力のある人材に育てるための十分なスタッフや設備などが整っています。

世界各国の若者が本校に集い、交流することにより、真のグローバルな人材に育つよう精一杯努めてまいります。

スタッフ一同、全力でサポート致します。私も複数の言語を習得したことにより、随分と人生が豊かになりました。 皆さまも大きな希望と夢をもって日本にいらしてください。

2017年 4月吉日

理事長 小澤京子

 

 

Tokyo One日本語学校千葉本校  校長 ご挨拶

terashima 外国語を学ぶことは、そのことばを話せるようになることだけではなく、そのことばの背景にある文化を学ぶことであり、また、そのことばを使って生きていく力を得ることでもあります。私は35年間、大学で教員をしてきました。指導した学生の中には、ほとんど日本語が話せない留学生もいました。そんな学生とは毎朝30分程度ですが、一緒に日本語の勉強をしました。だんだん日本語ができるようになってくると、日本文化についても知るようになり、その時点で初めて日本でやって行こうという意欲がわいてきます。それと同時に、研究室の仲間とも活発に話すようになって、その結果、研究もスムーズに進んで行くといった光景を目の当たりにし、そのことが正しいことを確信しました。
Tokyo One日本語学校には、日本語はもちろん、その背景にある文化についても教え、さらにその文化をもつ社会の中で力強く生きていく力を身に着けられるよう、あたたかい心できびしく鍛えてくれるスタッフが揃っています。スタッフ一同皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

校長 小林 裕幸

講師スタッフ紹介

南井

教務主任 南井 誠史

わたしはこれまで日本はもとより、中国、アメリカ、韓国の日本語学校や企業で20年以上にわたり、日本語教育に携わってまいりました。常に「学生の知的好奇心を刺激すること」を意識して授業を行っています。教師は学生に「教える」だけではなく、「考えさせる」ことが大切であると考えています。教務主任として、学生のみなさんを全力でサポートしていきます。困ったときはなんでも相談してください。

山根

生活指導担当 山根 義貴

ブラジルで日系人と触れ合ったのが私の日本語教育のきっかけでした。帰国後地元関西の大学、大学院で日本語教育学を学び、ご縁があり本校で勤務しております。日本語教育に携わり10年以上経とうとしておりますが、日々力不足を痛感しております。
教授法にこれが正解というものはないのですが、関西人の強みを生かし、面白おかしく、わかりやすい授業をするように努めております。みんなで楽しく勉強しましょう!

三橋

常勤講師 三橋 めぐみ

コメント準備中